2017年8月10日木曜日

Feature Exhibition: Lady palanquins of Kuroda Family -The most elegant transportation method of the samurai period.

 In the Edo period, members of noble families used palanquins as their means of transportation. The design is strictly designated by rank of the family. Especially, lady palanquins of samurai families were highly decorative. A design called 梨子地 Nashikochiwas the best of all. The lacquer used on the vehicle contains gold and silver glitters. 


To make it more gorgeous, unique patterns and family crests are embedded on top. In this exhibition, we will be showing two lady palanquins from the Fukuoka Clan and the Akitsuki Clan.



By seeing the family crest, we can tell Palanquin #1  belonged  to the lady of the Fukuoka Clan.

Palanquin #1
The other one is said to be a palanquin used by the lady of Nagatsugu Kuroda, 9th lord of Akitsuki Clan.


 
There are not so many lady palanquins left today. These two were  fortunately  preserved, for they have long been displayed in places such as  banquet halls  or   hotels. 

Appreciate the  palanquins and have a glimpse of how  gorgeously ladies of samurais were living in the past.

Posted by Takamura

2017年8月3日木曜日

グランドホールの人形展示替えを行いました!

休館日の7月31日(月)、グランドホールの博多人形展示替えを行いました。今回作業をしてくれたのは、学芸員実習に参加の16名の学生の皆さん!戸惑いつつもなかなか手際よく進めてくれていましたよ!


台を取り外しているところ。なかなかの力作業です。

前回展示分の人形梱包を終えたばかりの、実習生の古川さんに感想を聞いてみました!


 今秋公開の展覧会、「よみがえれ!鴻臚館―行き交う人々と唐物―」のポスター前で。古川さんもおススメの展覧会です!

初めての展示替え作業はいかがでしたか?
「素焼きの素材で、傷をつけないか心配でした。展示替えと一言でいってもただ単に展示物の入れ替えをするのではなく、梱包をする際は来年また展示するときに出しやすいように工夫をしながら進めていく必要があるのだなと感じました。」

 繊細な博多人形の取り扱いは、なかなか手がかかったようです。そのかいもあって、現在グランドホールには華やかな放生会、十日恵比寿の光景が展示されています!


未来の学芸員の皆さんが心を籠めて展示した、博多人形。是非見に来てください!

Posted by たかむら