2018年2月16日金曜日

2月17日 おいしくいただく考古学

すでにお知らせしたとおり、2月17日(土)
博物館を飛び出して、中央区の鴻臚館跡で、「あまづらブンブン」を実施します。

同日、夜には、トークセッション「おいしくいただく考古学」を開催します。

考古学や歴史の研究成果は、調理次第で美味しく楽しいメニューをうみだすことができる「ネタ」の宝庫です。

博物館職員からの報告が2題

◯「発掘から分かる!福博むかしグルメ」 屋山 洋
◯「福★おかし博物館の足跡」 福薗美由紀

そして多彩なゲストを、コメンテーターとしてお呼びしています。

★ジビエのプロデュースに関わる神山 拓さん(イデアパートナーズ株式会社)

★九州国立博物館を拠点に、考古学の成果を楽しい活動につなげている
きゅーはく女子考古部のみなさん

そして、
★土木事業の意義を、分かりやすく楽しく人々に伝えていくことに取り組んでいる
片山 英資さん(一般社団法人ツタエルドボク)


時間は 18:30〜(120分)
会場は 三の丸スクエア です。

参加無料 事前申し込みは不要です。

いっぷう変わった食トーク。
ぜひ、のぞいてみてくださいね。


 このイベントは、博多湾岸《金印ロード》ツーリズム・プロジェクトの一環として開催します。

 

 博多湾岸《金印ロード》ツーリズム・プロジェクトは、
 国(文化庁)の「平成29年度 地域の核となる美術 館・歴史博物館支援事業」採択事業です。

posted by Shanshan




2018年2月7日水曜日

飯場神楽の魅力に迫る


福岡市博物館では210日(土)福岡市の西南部・飯場の地で伝えられてきた神楽の歴史や魅力について紹介するイベントを開催します!

【その1】 神楽道具に親しむ120分(ワークショップ)
神楽の演目『御弓(おおゆみ)』でつかわれる弓がつくれます!
10001200
@博物館 グランドホール
先着20名(材料がなくなり次第終了です。ご来館はお早めに!)
参加費無料
講師:飯場神楽保存会
 
【その2】 神楽を学ぶ60分(講演会)
福岡県の神楽にくわしい福岡大学の白川琢磨氏に飯場神楽の特徴についてお話いただきます。
133014301300開場)
@博物館 講堂
定員240
講師:白川琢磨氏(福岡大学人文学部教授)

【その3】 神楽を肌で感じる60分(飯場神楽の公演)
神功皇后伝説を題材にした『磯良(いそら)』、鬼の舞である『お宮参りの鬼』など4演目を舞っていただきます。
14301530
@博物館 グランドホール
決まったお席はございませんので、会場にお集まりください。
公演:飯場神楽保存会


詳細は、チラシをご覧ください。みなさまのご来場、お待ちしております。







 このイベントは、博多湾岸《金印ロード》ツーリズム・プロジェクトの一環として開催します。

 

 博多湾岸《金印ロード》ツーリズム・プロジェクトは、
 国(文化庁)の「平成29年度 地域の核となる美術 館・歴史博物館支援事業」採択事業です。

posted by.かわぐち

2018年2月5日月曜日

2月17日~幻のシロップをつくろう~あまづらブンブン

あまづら・・・
それは日本独自の甘味料。

奈良・平安時代に食べられていたものですが、
その材料や製造方法はいつしか歴史の中に埋もれてしまっていました。

しかし!
約30年前に石橋顕さんという方がこの幻のシロップの復元に成功!
現在は、奈良女子大学の研究チームがその後を引き継ぎ、復元実験を行っています。

なんと、今回・・・
その幻のシロップを福岡でも復元することになりました!

2月17日(土)
13:30~17:00(雨天中止)
@鴻臚館跡展示館ウラ芝生広場
参加無料・申込不要

なんでこんなに寒い時に屋外イベントするんだよ!
という声が聞こえてきそうです。
でも、寒くないと甘いシロップができないんです!

幻の古代のシロップ。
どんな味なのか気になりませんか?
小学生から大人まで楽しめる内容です。
ぜひみなさんでお越しください。





このワークショップは博多湾岸《金印ロード》ツーリズム・プロジェクトの一環として行います。


博多湾岸《金印ロード》ツーリズム・プロジェクトは、
文化庁の「平成29年度 地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業」の採択事業です。




posted by.ふくぞの


2018年1月24日水曜日

ゲーム・アニメ・フィルムが創る“にぎわい”とミュージアム

先だって勇み足を踏んだ福岡市博物館。

(Twitter等で暖かいコメントをしていただいた方々、アドバイスやお叱りいただいた方々、応援していただいている方々へ、あらためてお礼申し上げます。
本当にありがとうございます)

今後も、さまざまなご期待に応えたいので
いちから勉強しまっす!

というわけで、
1月26日(金) 15:30〜は、
セミナー「ゲーム・アニメ・フィルムが創る“にぎわい”とミュージアム」開催!
詳しくはコチラ
講師に、公益財団法人福岡アジア都市研究所の中島賢一さんをお招きします。

呉市産業部海事歴史科学館(大和ミュージアム)の学芸員さん
そして当館の学芸員からの現場リポートもあります。

どなたでもご参加いただけます。
ぜひ、ご来場ください。
(事前のお申し込み等は、必要ありません)

このセミナーは博多湾岸《金印ロード》ツーリズム・プロジェクトの一環として行います。


博多湾岸《金印ロード》ツーリズム・プロジェクトは、
文化庁の「平成29年度 地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業」の採択事業です。





多言語発信「やさしい日本語で伝える」

福岡市博物館では、1月25日(木)、16:00から2階の多目的研修室にて、「やさしい日本語で伝える」セミナーを開催します。

日本語を母語とせず、多様な文化的背景をもつ人々たちとコミュニケーションをとる機会は、ますます増えていきます。

スムーズ、かつ、豊かなコミュニケーションを可能にしてくれるツールの一つとして、いま、注目されているのが「やさしい日本語」です。

「やさしい日本語」は、くらしを守り支えるほか、
地域の魅力を世界にむかって発信することにも、多いに役立ちます。

ミュージアムや歴史・文化を活かしたおもてなしの場での活用を中心に、「やさしい日本語」のさまざまな可能性を、多くの人とさぐりたいと思います。




みなさん、ぜひ、ご来場ください。
(ご参加にあたって、事前のご連絡は必要ありません。)




このセミナーは博多湾岸《金印ロード》ツーリズム・プロジェクトの一環として行います。


博多湾岸《金印ロード》ツーリズム・プロジェクトは、
文化庁の「平成29年度 地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業」の採択事業です。





2018年1月19日金曜日

【金印シンポジウム】会場での当日受付について

いよいよ今度の日曜日(121日)、金印の真贋論争公開討論が行われます!
事前申込での受付としておりましたが、お席に余裕が生じる見込みですので、当日は会場でもお受け付けさせていただきたいと思います。

会場は博物館でなく、FFGホール(福岡市中央区天神2-13-1 1200開場)になりますのでご注意ください。

2018年1月17日水曜日

【金印シンポジウム】詳細スケジュール

いよいよ今度の日曜日(1月21日)、
金印の真贋論争公開討論が行われます!

当日の詳細なタイムスケジュールは、以下のとおりです。
前半の講演は3人の方々ともとても興味深いタイトルですね!
お席にはまだ余裕がございますので、ぜひ周りの方もお誘い合わせの上、お越しください。