2020年7月29日水曜日

実存主義的ダルマ

博物館では7月21日(火)から企画展示「ダルマさん大集合」を開催しています。

館蔵の達磨図など達磨に関係する作品を紹介する展示ですが、なかなかクセのある作品が並んでいて地味に楽しんでいただけるのではないかと思います。

久留米藩の御用絵師・三谷等哲(みたにとうてつ)が描いた達磨図〔写真〕もそんなクセ者作品。ご覧のとおり、なんだか胡散(うさん)臭いものでも見るような顔の達磨さんです。


賛文は達筆すぎて完全には読めませんが(スミマセン)、どうやら「ダルマさんおつかれさま、頭が寒そうですね、赤い衣をかぶせて差し上げましょうか」というような意味(超意訳)のようです。

作者の三谷は雪舟の画風を継承した雲谷派(うんこくは)の絵師で、同派の祖・雲谷等顔(とうがん)もこんな顔の達磨図を残しています。だから当然といえば当然なのですが、ではなぜ彼らが達磨をこんな風に描いたのかが疑問として残ります。

ジロリとこちらを覗き込むような視線を向けていて、なんだかアヤしげなものを見るような顔だなあ、視線の先には何があるのだろうか?

そんなことを考えながらふと思い出したのは、今では仲良しの同業者と初めて会ったときの彼の眼差しでした。「こいつは仏像学芸員(プロ)として信用できるのか?」と言わんばかりのあの視線―

そのときようやく気が付きました。

自分が達磨を見るのではなく、達磨が自分を見ているのだと。

(達 磨)「あんた誰やねん?」

(学芸員)「えーとボクはですね、モゴモゴ・・」

(達 磨)「ボクって何やねん?」

(学芸員)「え?」

(達 磨)「そんなええかげんな自分なんかドブにでも捨ててしまえー!」

(学芸員)「そんな崖っぷちから手を放すようなことムリですー」

(達 磨)「喝―!」

こんな会話が収蔵庫の中で交わされたかどうかは定かではありません。

でも少し作品に近づけたので〇。

仏像学芸員末吉

福岡市博物館は今年で30周年


【Permanent Exhibition Room】Disease and Our Lives Jul. 21, 2020 (Tue) ~ Nov. 29, 2020 (Sun)




The novel coronavirus pandemic has changed our way of living drastically. Wearing a mask and washing and sanitizing our hands have become requisite. We spend more time at home; work and attend classes online. Under such circumstances, the Fukuoka City Museum is also taking preventive measures against the spread of coronavirus by postponing the exhibition period, or introducing the timed entry reservation system.
In this exhibition, we will introduce exhibition collections related to life and disease in four categories, to explain how people reacted, and more importantly, lived in periods of a pandemic.


#1 Confronting Infectious Diseases


There are times when people confronted infectious diseases. In this section, we’d like to present the Spanish flu in the Taisho Era, Corella in the Meiji Era and smallpox in the Edo Era, to understand how the disease spread and how people reacted to them.

#2 Artifacts that Stayed Home



A lot of exhibitions and events were cancelled all over Japan due to the spread of the novel coronavirus. For this reason, some of our collections scheduled to be lent to other museums had to stay home. In this section, we’d like to introduce the items that had to stay in the museum.

#3 Living with the Unseen -Things that Dwell Inside or Outside-



We have always coexisted with the invisible: disease, disaster, nature, god. People had either deified them or tried to repel them at some point in time. In this section, we’d like to present the way people dealt with the unseen.

#4 Disease and Kabuki Theatrical Play


Kabuki is a traditional theatrical act that has attracted many citizens since its first appearance in the Edo period. In this section, we would like to exhibit some Kabuki related items that have a strong connection with infectious diseases.


2020年7月26日日曜日

鍾馗も逃げ出す達磨かな

博物館では7月21日(火)から特設展示「やまいとくらし~今みておきたいものたち~」を常設展示室内で開催しています。

詳しくはフレッシュな学芸員たちによる連載ブログを見ていただきたいのですが、どうやら今回の展示のイメージキャラクターが「鍾馗(しょうき)」だとされているようです。

鍾馗は中国・唐時代の人物で、熱病に苦しむ玄宗(げんそう)皇帝の夢に現れて悪い鬼を喰ったと伝えられています。こうした説話が日本にも伝えられ、江戸時代には疫病退散のシンボルとなりました。

実は、最近流行りの新型コロナ対策展示という意識はまったくなかったのですが、たまたま博物館では企画展示「ダルマさん大集合」を開催し、その中で鍾馗が登場する刷り物を展示しています。



「疱瘡絵(ほうそうえ)」と題されたこの作品、江戸の人々を悩ました疱瘡(天然痘)を退ける効能があるとされる図柄を赤い絵の具で刷った、いわゆる「赤絵(あかえ)」というやつです。

図柄を見てみると、鍾馗と達磨、源為朝(みなもとのためとも:平安時代末期に活躍した豪傑)、富士山が描かれているのがわかります。なぜ、この図柄なのか?その答えは賛文の中に隠されていました。

「ほうそうの、みをふじほどに山をあげ、しょうきも寄らずだるま為とも」
読んだだけでは何のことかわかりませんが、超意訳すると「疱瘡の身を封じ(富士)る間に、山(やまい)を上げて、しょうき(鍾馗)を寄せつけない達磨と為朝」というふうに解釈できます。

絵柄をよく見ると、一番手前にいる〝元祖ウイルスバスター〟こと鍾馗が達磨と為朝の剣幕を恐れて、すごすごと退散しているようにも見えます。

このへんがいかにも江戸っぽいのですが、おそらく鍾馗を「瘴気(疫病)」にかけて、達磨と為朝がこれまでのスタンダードだった鍾馗よりも強いのだという、一種の洒落(しゃれ)なのでしょう。

疫病を退けるはずの鍾馗が疫病扱いされているのは何だか可哀そうですが、裏を返せばそれだけ江戸の人々は疫病の流行に手を焼き、苛立ちを覚えていたということかもしれません。

鍾馗も逃げ出す達磨かな・・

ということで特設展示のあとはぜひ、「ダルマさん大集合」もご覧ください。

仏像学芸員末吉


2020年7月23日木曜日

〔連載ブログ5〕外出自粛「しなかった」モノ

こんにちは

今年の夏はなかなか旅行や帰省の計画が立てられないですね。
当館でも、今年度はお出かけだ!と準備を進めていたのに、計画変更になってしまったモノが色々と出てきてしまいました。(これについてはぜひ連載ブログ4をご覧ください。)
一方で、この状況でも無事に出張をして、お仕事(展示)中の資料もあります。今回は特設展示「やまいとくらし」の中の第2部「『外出自粛』したモノたち」番外編!ということで、外出自粛「しなかった」モノについて書いてみたいと思います。

臨時休館中のある日、机の上に「常設展でタイムリーな顔、展示してなかったっけ?」というような伝言が先輩(在宅勤務期間ですれ違い出勤中)から残されていました。その「顔」、というのが、まさに外出中のモノ2点、人形(ひとがた)と人面墨書土器です。

人形(ひとがた)と人面墨書土器は、古代の出土品として奈良や京都を中心に全国的に発掘されるもので、漫画のようなタッチで描かれる顔は1点1点がとても個性的です。先の伝言で出てきた「顔」も、しかめ顔や目尻が下がったちょっと困ったような顔、

土器に描かれた顔。眉をぐっと寄せて、への字の口……にらみ顔にもみえます。

一方で表情が読み取れない朴訥(ぼくとつ)な雰囲気の顔となかなかに親しみが持てる表情をしています。

こちらは人形のお顔。顔に対して遠慮がちな鼻と口。

さて、タイムリーというのも、これらは奈良・平安時代に災厄を除けるために使われたものだからです。悪いことをこの人形(ひとがた)や土器に移して川に流し、捨てることで、お祓いするという使われた方がされたと考えられています。このふたつも高畑遺跡(博多区)の、奈良時代の歴史書に使われた大きな溝の跡から見つかっていますので、何かの災厄除けとして役目を果たしたものでしょう。
また同じく奈良時代、『続日本紀』の天平7年(735)、同9年(737)の記録には、九州で疫病が蔓延し、それが全国的に広がっていった様子が残されています。

「この頃、大宰府では疫病で亡くなる人が多い」「大宰府が管轄する国々に疫瘡(天然痘)が大流行して、(人々が多く病床についた)」と書かれています。(『続日本紀』天平七年八月の記事より)


福岡の古代に関する病とお祓い、それに関係するモノにスポットをあてるチャンスだと先輩はメモを残してくれたわけです。

とある日の常設展示室。コレとコレのことですよね……!
「そうなんですよ、でも……!」このふたつは「タイムリーな(のに今だけ常設展示室にいない)顔」なのです。

さて、当館から電車で1時間と少し、九州国立博物館で8月30日まで開催中の特集展示「筑紫の神と仏」には、この顔たちが出張しています。

チラシには見たことのある顔が……!(画像は上記HPよりお借りしました。)

資料を出張させるのは、多くの人にそのモノを知ってもらい、興味を持ってもらうチャンスにもなります。昨年の段階から、「古代の人々が祈りを捧げた痕跡」としてこのふたつのモノに着目をしていただいて、この春、展示の準備にあわせて当館の常設展示室から姿を消していたところでした。なんとタイムリー……。

というわけで、タイミングを逃してきていましたが、今回の特設展示「やまいとくらし」につながっているぞということで、思い切ってご紹介してみました。いつもはお出かけするモノはそっと見送り、そっと注目するのが常ですので、このように紹介させてもらうというのはちょっとした冒険です。きゅーはくさん、どうもありがとうございます。

ところで、日々見慣れている資料が違うところで展示されている姿は、とても新鮮に映るものです。どのような展示内容の中でどのようなモノたちに囲まれて展示されているのか、という点はもちろんのこと、置かれている向き、高さ、ライトの当て方が、次に自身で展示するときのイメージに組み込まれていきます。
このブログで、外出中のモノたちにちょっとでも興味を持っていただけましたら、そして展示中の九州国立博物館へ、秋以降は常設展示室で(きっとアップデートして)展示されている当館へ本物を見に足を運んでみようかなと、ちょっとでも思っていただけましたら嬉しいです。

現在の展示室。外出中の「顔」は秋になると、ここに戻ってくる予定です。
(学芸課 佐藤)
福岡市博物館は今年で30周年

〔連載ブログ4〕「外出自粛」したモノとは・・・

こんにちは。

特設展示「やまいとくらし」の連載ブログにお越しいただきありがとうございます。今回は、第2章「『外出自粛』したモノ」から、昭和39年(1964)の東京オリンピックに関する資料を紹介します。

そもそも、「外出自粛」したモノって何ぞや、という話だと思いますので、まずはここから説明します。
新型コロナウイルス感染症の影響で、当館は2月27日から3月20日、4月4日から5月18日にわたり休館しました。全国の博物館でも展示の計画が再検討され、延期や中止になる展覧会がありました。当館から貸し出され他館で展示される予定だった資料も、展覧会の延期や中止の影響で、「外出自粛」を余儀なくされました。

色んな場所にお出かけする予定だった「我が子」たち(愛情を込めた館蔵資料の呼び方)、お出かけがキャンセルになった彼らを当館で披露しちゃおうというのが第2章「『外出自粛』したモノ」の主旨なのです!!

さて、話を資料に戻しますね。昭和39年(1964)に東京で開催された第18回オリンピック競技大会、通称東京オリンピックは、アジア地域で開催された初めてのオリンピックです。日本は、バレーボールや体操男子団体総合、レスリングや柔道など、さまざまな種目で金メダルを獲得しました。オリンピックの盛り上がりは、テレビの普及率を高めたと言われています。一方で、オリンピックを目途に東海道新幹線が開通し、東京国際空港(羽田空港)が滑走路を拡張するなど、インフラの整備も行われました。東京オリンピックは、当時の人びとの生活を変化させる一大イベントとなりました。

オリンピックの盛り上がりを支えたものの一つが、グラフィックデザイナー亀倉雄策の手によるオリンピック公式ポスターでした。シンプルで力強いエンブレム、各種競技の躍動感が伝わるポスターデザインは、今見てもある種の新鮮さを感じさせてくれます。これらのポスターは、絵葉書としても印刷され、さらに多くの人の手に渡ったようです。小学校や中学校で購入が受け付けられたという話を聞いたことがあります。

今年、東京で2回目のオリンピックが開催されるということで、昭和39年の東京オリンピックへの注目が高まっていて、当館にもオリンピック関係資料に貸し出しの打診が来ていました。しかしながら、オリンピックの開催が延期となったことで、今年度の貸し出しはキャンセルになってしまいました。来年度には他館に「外出」しているかもしれませんが、今回の特設展示でご覧いただけましたら幸いです。

昭和39年(1964)の東京オリンピック開催記念絵葉書
ポスターと同じデザイン

(学芸課 野島)

福岡市博物館は今年で30周年


〔連載ブログ3〕山笠に願いを込めて

特設展示「やまいとくらし~今みておきたいモノたち~」連載ブログの第3回目。今回は江戸時代担当の髙山が、第1章「伝染する病に向き合う」で展示している「博多祇園山笠番付」を紹介します。

博多祇園山笠は、毎年71日から15日にかけて行われる櫛田神社(福岡市博多区)の祭礼です。今年は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で延期となってしまいましたが、例年、祭りの期間中には歴史上の逸話などを題材に、煌びやかに飾り付けられた山笠を街の各所で見ることができます。

今回紹介する「博多祇園山笠番付」は、天明元年(1781)から文久3年(1863)までの82年間、山笠の標題(飾りの題材)を書き継いだものです。筆者は、江戸時代、山笠の人形制作に携わっていた土居町(博多区)の人形師・小堀家の人物と考えられています。

同じように山笠の標題を記録した番付は、他にも数点存在することが知られていますが、この番付の特徴的な点は、山笠の標題に加え、福岡藩の政治向きや藩主の動静、米の価格、地震や台風などの天災、町中で起きた出来事などの情報を、ほぼ毎年簡潔にまとめて記述している点です。

今回の特設展示の準備で番付を見ていますと、天明3年(1783)と文化元年(1804)に疱瘡(天然痘)が流行、享和3年(1803)と万延元年(1860)に麻疹(はしか)が流行、文久2年には麻疹とコレラが流行したという疫病(伝染病)に関する記述がありました。麻疹については「小児大人迄致申候」(享和3年)、「男女若物ハ残す病気仕候」(万延元年)、「大はやり申候」(文久2年)と記され、流行状況も詳しく知ることができます。

「博多祇園山笠番付」の寛政元年(1789)の部分
疱瘡山が立てられたと記されている。

また、疱瘡の流行に関わる「疱瘡山」の記述もありました。疱瘡山とは、例年立てられる6本の山笠とは別に、疱瘡の終息を願って立てる山笠のことです。番付によれば、寛政元年に土居町下・行之町・片土居町・鰯町下・川端町(いずれも博多区)で、文化元年(1804)に薬院町(中央区)で、文化2年には福岡新大工町(中央区)で、弘化4年(1847)に対馬小路(博多区)で疱瘡山が仕立てられたことが分かります。疱瘡山が仕立てられていることから、いずれの年にも疱瘡が流行していたことがうかがえます。また、福岡の町方(薬院町、新大工町)でも疱瘡山が仕立てられていることは注目に値する点です。

去る7月1日、今年唯一の山笠となる飾り山が櫛田神社に奉納されました。博多祇園山笠は、仁治2年(1241)、疫病退散のため承天寺(博多区)の聖一国師が施餓鬼棚に乗って甘露水をまいたことを起源とされる祭礼です。私も、江戸時代の人々と同じように神社に奉納された飾り山に疫病退散の願いを込めたいと思います。

※「博多祇園山笠番付」の全文翻刻や詳しい内容については、宮野弘樹「資料紹介 博多瓦町中村家伝来博多祇園山笠番付」(『福岡市博物館研究紀要』第28、福岡市博物館、2019年)をご参照ください。
(学芸課 髙山)

福岡市博物館は今年で30周年

〔連載ブログ2〕イメージキャラクター「鍾馗」について

7月21日(火)から特設展示「やまいとくらし~今みておきたいものたち~」が当館常設展示室内で行われています。



皆様は、タイトルの右側にいる “ゆるかわ”な髭を生やした人物が誰だか分かりますか。これは『人物略画式図』(鍬形蕙(くわがたけい)斎(さい)画)に描かれた「鍾馗(しょうき)」です。

鍾馗は中国の民間信仰に伝わる道教系の神様で、本来は眼光鋭く、豊かな髭を持ち、黒衣を纏(まと)い、冠を身に着け、剣を抜いた、“ゆるかわ”とは無縁な厳(いか)つい姿をしています。その鍾馗について次のような伝説があります。

唐の玄宗皇帝が、激しい熱病を患った際に不思議な夢を見ました。夢の中で突然現れた大鬼が、皇帝をからかう虚耗(きょこう)という小鬼の体を引き裂いて食べてしまったのです。皇帝が大鬼の正体について尋ねると、科挙(中国で行われた官吏登用試験)に落第し、自害した鍾馗であることが分かりました。その後、夢から醒めた皇帝は熱病がすっかり治っていることに気が付き、夢の中の大鬼の姿を悪霊や邪気を払う守り神として画家に描かせ、宮中に掲げました。そして、これが一般に伝わり、年末には鍾馗の絵を家の中へ掲げて魔除(まよ)けにするようになりました。※タイトルの左側にある赤みがかった生き物は、夢の中で鍾馗に追われた小鬼です。

このように中国で疫病(えきびょう)を払う神として信仰されていたものが、室町時代以降、日本でも信仰されるようになりました。日本では端午の節供に飾る幟(のぼり)に描かれ、武者人形が作られるなどしました。
天保9(1838)年の『東都歳事記』には江戸の市中を描いた「端午市井(しせい)図」(長谷川雪旦画)が収録され、そこには鍾馗の幟が描かれています。他にも、明治31(1898)年の『風俗画報』第159号には「十軒店(じっけんだな)幟店の図」(山本松谷画)が収録され、五月人形店の景況を記録しています。十軒店はかつて現在の東京都中央区日本橋にあった地名です。(分かりにくいかもしれませんが、店内に鍾馗の幟と掛軸、人形があります。)

「端午市井図」(長谷川雪旦画)『東都歳事記』
「十軒店幟店の図」(山本松谷画)『風俗画報』第159号


また、疱瘡(ほうそう)(天然痘(てんねんとう))除けの呪(まじな)いとして用いる疱瘡絵にも鍾馗が描かれました。治療法が確立していなかった時代は疱瘡をもたらす疫(えき)神(しん)が近づかないように、疫病や厄除けに効果があるとされていた赤一色で鍾馗などを描きました。当館所蔵資料には、天保年間(1830-43)に制作された「疱瘡絵(為朝 達磨 鍾馗)」(歌川国安画)があります。(達磨の方が目立っていますが・・・手前にいるのが鍾馗です・・・。)

「疱瘡絵(為朝 達磨 鍾馗)」(歌川国安画)当館蔵

この他にも、新潟県東蒲原郡地方では、一年間の集落の安全や無病息災を願って村境に鍾馗像を象(かたど)った大きな藁(わら)人形を奉納する行事が残されています。また、京都では、向かいの家の鬼瓦から睨まれることを嫌い、その防御策として小屋根に瓦製の鍾馗像を飾る町家も見られます。
 このように鍾馗に関係する魔除けの民間信仰は全国各地に分布し、日本人に馴染みの深いものとなっています。

ぜひ皆様、この“ゆるかわ”鍾馗様を目印に、常設展示室へお越しください。
ご来館お待ちしております。

(学芸課 石井)
福岡市博物館は今年で30周年