2018年7月23日月曜日

浄土九州展ブログ 西方に極楽あり その10

鬼を知り、悟りに至る。

展覧会の開催まであと2ヶ月を切りました。この時期になると、担当学芸員は様々な業務に追い立てられ、完全にお尻に火が付いた状態になります。お尻の火が熱すぎて、近頃の暑さなんてまったく気にならいぜ、ヒャッハー。

ほんと、毎日ヤバイあついですよね。さて、その最大の原因は何かというと・・図録(カタログ)の執筆です。カタログ(Catalogue)の語源は「分類する」という意味の古代ギリシャ語「カタロゴス」である、と何かの本で読んだことがあります。しかしそんなCoolなことを言っている場合ではなく、一日も早く写真を集め、作品解説の原稿を書いて入稿しなければなりません。

今回は140件(200点)の作品・資料を展示しますが、そのうち約100件を自分で執筆します。1日10件書けば10日で出来るモン、なんてうそぶいてみても輸送や会場設営の打ち合わせ、様々な事務処理や雑用に追われて1日5件が精いっぱいです。作品解説というのは簡単なようで実は非常にしんどい作業です。先行研究を読み込んだうえで作品を正しく理解せねばならず、例えるなら相撲を一番一番とるような感じでしょうか。

そんなことをしていると「鉄人デザイナー」ことH氏からは、連日のように容赦ない督促のメールや電話が来ます。H氏とはこれまで何度も仕事をしてお互い〝体育会系〟な感じで気心は知れているのですが、今回も絶対試合に勝たせる鬼コーチのように「オラオラ~!」とやられています(アザース!)。たぶん「こんなブログ書いている暇があったら原稿出さんかい」と思っていることでしょうが、どうかご勘弁を。

ところで、鬼といえば今回展示する飯塚市・西光寺の「五趣生死輪図(ごしゅしょうじりんず)」を紹介しておきましょう。

西光寺 五諏生死輪図
「無明」の鬼

仏教で説かれる「輪廻(りんね)」をあらわした江戸時代の仏画ですが、その中に「無明(むみょう)」(無知)という人間の苦悩の根源を象徴する鬼が描かれています。金棒を持つポーズがなかなかきまっていますが、この鬼はすべての人の中にいて、それを知ることが苦悩の世界を脱する第一歩だということを教えているのだそうです。

鬼を知り、悟りに至る。図録もまたしかり。

Posted by 末吉(浄土九州展担当学芸員)

2018年7月17日火曜日

浄土九州展ブログ 西方に極楽あり その9

この仏像、何年?

「この仏像は鎌倉時代に制作された可能性が高いと思いますが、後の時代の修理も入っているので・・」

仏像学芸員はお寺などで調査をさせてもらうと、相手に何がしかの結果を伝えねばなりません。しかし、住職は「はあ、そうですか・・」と狐につままれたような表情で頷き、「以前、○△先生は平安時代とおっしゃいましたがね?」と、半信半疑の眼差しを向けてこられます。そこで、今回は仏像の制作年代をどのようにして見分けるのか?という問題を取り上げましょう。

ご存知かもしれませんが、仏像には特定の時代や地域、仏師集団などに共通する「様式」があります。例えば平安時代には平安時代の、鎌倉時代には鎌倉時代の様式があって、同じ「阿弥陀如来坐像」でも体の厚みや衣のシワ(衣文=えもん)のあらわし方、構造や技法などもかなり異なります。自動車などの乗り物や私たちが身に付ける衣服のデザインと同じですね。要は各時代の典型的な仏像を数多く頭に入れておけば、それが時代を計るモノサシになるということです。

ただ、仏像の中には過去の様式をわざと取り入れたものや後世の修理による改造、あるいは九州という地域性を考慮すべきものもあって、なかなか一筋縄ではいかないのも事実。
以下は「佐賀の番長」ことT氏と佐賀県多久市・専称寺の阿弥陀如来坐像を調査したときのやりとりです。

同 左側面
専称寺阿弥陀如来坐像(正面)



同 背面
末吉「ほら、構造が内刳(うちぐ)りのない一木造(いちぼくづくり)で翻波式(ほんぱしき)の衣文に渦巻文が刻まれている。耳朶不貫(じだふかん=耳たぶに孔が開いてないこと)だし、頭も六波羅蜜寺の薬師みたいに肉髻(にくけい)と地髪部の段差が少ない。10世紀後半でどう?」

T氏「ん~。まあそうかもしれんばってん、渦巻文とかは図像を写したら時代が下ってもできるとよ。それに全体にボリュームが少なかけん、11世紀前半じゃなかと?」

こんな〝攻防〟を持てる限りの知識と経験、観察力を駆使しながら、それはしつこく重ねて制作年代を突き詰めていきます。そしてこんな会話も・・

T氏「1015年。」
末吉「985年。」


もちろん、様式だけで何年と断定できるはずがなく、制作年代だけが作品理解のすべてでもありません。これは良くも悪くも、熊本の大先輩O倉さんの「はっきり物を言わんといかんバイ!」という指導の賜物でしょう。

でも、もし仏像に耳と心があったとすれば「惜しい!」と呟いているかもしれませんね。

Posted by 末吉(浄土九州展担当学芸員)

2018年7月10日火曜日

浄土九州展ブログ 西方に極楽あり その8

「仏像学芸員」に必要なもの 
学芸員に求められる能力とは何か?このような質問があったとすると、様々な答えが思い浮かびます。
専門分野の知識や論文などを書く力はもちろん、作品・資料に対する探究心や好奇心、展覧会を企画する際に必要になる体力、根気、交渉力、計画性、経営センスなどなど・・こうした資質というべき能力はとても大切ですが、実際の現場では作品・資料の取り扱いや輸送、展示ディスプレイ、保存や修覆に関するいろんな知識や技能も必要です。

撮影中の仏像学芸員

なかでも、仏像(特に地方の)を専門にする学芸員に限れば、体力と自動車の運転と写真撮影の技術はかなり重要度が高くなるように思います。その理由は・・
一、仏像は大きくて重い場合がある。
二、仏像は山奥の辺鄙な場所にあることも多い。
三、立体物だから正面だけでなく各部の造形がわかるきっちりした写真が必要。
今回の浄土九州展でも昨日は佐賀、今日は熊本というように、福岡市役所マークのついた庁用車アルト号にカメラ機材を積んでずいぶん走りまわりました。

庁用車アルト号

調査ではまず仏像を仏壇から降ろして積もり積もった埃を刷毛で払い、各部の計測をおこない、形状や構造を記録し、そしてバックペーパーの上に仏像を置いて前後左右、像底と写真を撮っていきます。大きさや作品としての重要性にもよりますが、一体の仏像を調査するのに半日かかることもあります。

仏像の下からヤモリが出てきたり、台座の中からネズミのミイラが出てきたりしても一切動ぜず、汗と埃にまみれ、時には寒さに震えながら仏像の観察に集中します。そんなことをして何が楽しいのか?と思われる方もおられるでしょう。

でも、凄い仏像や重要な銘文などを発見したときの喜びは格別です。例えるなら、チョコボールの金のエンゼルマークが当たった(おもちゃの缶詰がもらえる)気分とでも言えばわかるでしょうか(わかりませんよね)。

最後に僕が尊敬する熊本の大先輩O倉さんの名言を紹介します。
「学芸員は車の運転と写真ができれば十分バイ。」
O倉△!(O倉さんカッケー)

Posted by: 末吉(浄土九州展担当学芸員)

2018年7月6日金曜日

大雨の影響により、福岡市博物館は明日7月7日(土曜)臨時休館します



明日7月7日は「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」の開幕日ですが、大雨の影響により臨時休館いたします。

どうぞよろしくお願いします。

現時点では、福岡市博物館は7月7日(土曜)開館予定です

大雨が続いていますが、今のところ、明日7月7日は通常開館を予定しています。(明日7月7日は「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」の開幕日です)

ただし、今後の天候や災害状況次第では、臨時休館をする場合があります。その際は、福岡市博物館ブログ、公式ツイッター@fukuokaC_museum、公式facebookページでお知らせを行います。

どうぞよろしくお願いします。

2018年7月4日水曜日

浄土九州展ブログ 西方に極楽あり その7

涙が出た話 

去年の秋も深まったころ、福岡県八女市の荘厳寺(しょうごんじ)で、ある仏画を調査しました。


中央に立つ阿弥陀如来と蓮台(れんだい)を捧げ持つ観音菩薩、合掌する勢至(せいし)菩薩の三尊を描いた阿弥陀三尊来迎図(あみださんぞんらいごうず)です。こうした来迎図は中世に数多く制作され、臨終を迎える人の枕元に掛けられたと言われています。

まったく未調査の作品でしたが開けてびっくり、非常に細やかな截金(きりかね=細く切った金箔を貼り付けて文様にする技法)が施された、九州ではまれに見る本格的な作品でした。


一緒に調査した仏画が専門の筑紫女学園大学のK准教授と、「これ、鎌倉時代だよね!?」と感激しながら、この日初めて実戦に投入した愛機ペンタックス645Zで撮影をおこないました。

実は問題はここから。
夜、一人でその写真をパソコンの画面で拡大し、細部の表現を確認していたときのこと。
あれ?なぜか不意に涙がポロポロ出てくるではありませんか。これまで作品を調査してそんなことはなかったし、個人的にも最近悲しいことがあったわけでもありません。

いい年の男が夜中に一人涙を流している姿なんてとても人に見せられませんが、その後何となく心がスッキリとして穏やかな気持ちになりました。これがいわゆるカタルシスというやつでしょうか。

人の常として、この世に生まれたときは母や父が喜んで迎えてくれたけれど、死ぬときは一人ぼっちでどこか知らないところへ旅立たねばならない―、このように考えると誰でも不安になりますよね。善美を尽くして制作された仏画や仏像、中でも人生の最後に目にする来迎図には、ひょっとするとそんな人間の持つ根源的な不安や寂しさに応える作用があるのかもしれません。

あなたの命は、たとえどんなに罪をおかして汚れていても、それでも観音菩薩が捧げる金の蓮台に乗ることができる、勢至菩薩の合掌敬礼(きょうらい)を受ける価値がある・・
阿弥陀来迎図とは、そんな人の命に対する絶対的な肯定を形にしたものだとしみじみ感じました。
浄土九州展ではこの作品のほか10点余りの来迎図を公開します。

仏教美術に興味があってもなくても、ぜひ作品の前に立ち本物の凄みを体験してみてください。

Posted by: 末吉(浄土九州展担当学芸員)

2018年6月28日木曜日

今年の夏は、「蒙古襲来」史跡めぐりマップを作ろう!

~福岡市博物館 夏休み親と子のワークショップ 参加者募集!~

博物館のまわりには「元寇防塁」などの蒙古襲来にかかわる史跡がいっぱい!博物館はモンゴル軍が上陸した場所?! 

博物館のまわりにある蒙古襲来にまつわる史跡を歩いて探検し、蒙古襲来について学び、オリジナルの史跡めぐりマップ(A2サイズ)を作ります。



日時:平成30722日(日)、819日(日)各日とも9:3016:009:15受付開始)

会場:福岡市博物館1階 講座室1

対象:小学校4年生~6年生とその保護者(小学生のみの参加は不可)

募集人員:各日とも親子16組 (先着順)

費:教材費として小学生1人につき1000

募集方法:往復葉書による申し込み
以下の事項を記入し、「福岡市博物館 夏休み親と子のワークショップ係」へ
  ①参加希望日 
  ②参加者全員の氏名・年齢、参加児童の小学校名と学年
  ※レクレーション保険に加入しますので、同行される方全員のお名前と年齢をお書き下さい。
  ③住所・電話番号
  ④返信用葉書に宛先を記入。

募集期間:先着順、定員に達し次第締め切り

注意事項:約2時間の外歩きを行います。熱中症対策(飲み物・日よけ等)、虫除けの対策と、歩きなれた靴でのご参加をお願いします。

持ってくるもの:
  ①筆記用具(鉛筆、色鉛筆など色を塗るもの)
  ②デジタルカメラ(もしくは撮影機能付きの携帯電話。史跡探検時に撮影した写真をプリントアウトしてマップに貼ります)
  ③弁当(館内にレストランもございますが、お昼は混み合う場合があります)
  ④飲み物、日よけ・虫除けに必要なもの(草が生えた場所にも行きます。前開きの長袖シャツ・長ズボンがおすすめです)

当日のスケジュール
  9:15     受付開始
  9:3010:00  オリエンテーション、蒙古襲来ガイダンス
  10:0012:00 野外フィールドワーク(※雨天時は、館内で展示室を見学します)
  12:0013:00 昼食
  13:0014:00 蒙古襲来の学習
  14:0016:00 マップ作り
  16:00     終了予定

企画:福岡市博物館ワークショップサポーター

問い合わせ:福岡市博物館 学芸課 夏休み親と子のワークショップ係へ 
814-0001 福岡県福岡市早良区百道三丁目1-1 

電話 092-845-5011 FAX 092-845-5019