2018年10月15日月曜日

浄土九州展ブログ 西方に極楽あり その22 ギャラリートーク

今回の浄土九州展では毎週2回ギャラリートークをしています。週2でやると正直キツイし、何もそこまでやらんでもと思うのですが、見た目の無愛想さからは想像できないサービス精神と自分を追い込むMな性格をいかんなく発揮している仏像学芸員、といったところでしょうか。

ギャラリートーク中の仏像学芸員
ギャラリートークのいいところはお客さんに直接話すので、反応がダイレクトに伝わってくるところですね。こちらが面白いと思う学術的なことを語ってもポカーンとされるのですが、そこから少しピントをはずして話すと異様にウケたりする場合があります。

学芸員「何と、この阿弥陀様には歯があるんですよ!いいですねえ~。」というと、年配のお客さんたちは明るくゲラゲラ笑ってくださいます。歳をとらねば分からないことがいかに多いことか・・

そもそも学芸員はモノ(資料や作品)と、ヒト(社会)をつなぐのが仕事なので、人生で初めて博物館に来たというお客さんに対しても楽しんでもらえるよう、自分と社会のギャップを意識しておかねばなりません。特に、今回は人の死という問題に関わる浄土教美術がテーマ。お客さんの中には、がんで余命宣告を受けた方や大切な家族や友人を喪った方がいらっしゃるかも知れません。そんなお客さんにも来てよかったなあ、と思ってもらえるよう、あと6回展示室に立ちます。

僕は本来人前に出てしゃべるのが得意ではないし(緊張するんです!)、もちろん人間だからテンションが高いときも低いときもあって、トークの出来にはばらつきがあります。先日もお客さんから、「あのブログを書いているご本人ですか?」と尋ねられてしまいました。どうやらトークの内容が思ったより真面目でこのブログが醸し出すイメージとギャップがあったようです。

まあ、そういう逆のギャップも含めて楽しんでいただければ幸いです。。((^_^;)

Posted by 末吉(浄土九州展担当学芸員)

2018年10月10日水曜日

ふくおか歴史お宝カード:約120人が全種類コンプリートしたってよ!

ちょっと報告が遅くなってしまいましたが、4月末にスタートした「ふくおか歴史お宝カード」は、終了した8月までの約4ヶ月間でなんと約120人の方が全28枚をコンプリートしました!製作したカードは各1,000枚なので、なんと1割以上がコンプリートされている計算になります‼️😳

コンプリートした方には、博物館の特別展に1年間入場できる「ハイパー往来手形」を記念にお渡ししました。



この手形をお渡しするときにコンプリートされた方に話しを伺うすると、「ゴールデンウィークからこつこつ集めました」とか「最後の1枚がなかなか見つからなくて...」、「バスに乗っていくのが大変だった」といった熱心に取り組んでいただいた感想を聞くことができました。

この歴史お宝カードには、実際に史跡や関連の施設に足を運んでもらうという目的に加え、史跡周辺のバス路線の利用を促進するという目的もありましたので、ある程度目的は達成されたのかな?と思います。市内に散らばった史跡を探して歩くことで、参加された方の健康づくりにも役立ったのでは???

現在配布中の博物館広報誌facata112号にも関連記事が掲載されていますので、ぜひそちらもご覧くださいね。


2018年10月9日火曜日

浄土九州展ブログ 西方に極楽あり その21 現代版 十界双六

子どもの頃、友達や家族と「人生ゲーム」というボードゲームを楽しんだ方も多いのではないでしょうか。僕は持ってなかったので近所のケンちゃん(いや、ターくんだったか?)の家でよく遊びました。

実はこの種のゲームは日本にも古くからあり、今回展示した「十界双六(じっかいすごろく)」もそのひとつです。「南・無・阿・弥・陀・仏」と書かれたサイコロを振り、仏教で説かれる様々な世界をめぐり、いち早く仏(ほとけ)に到達すれば勝ちというもの。



「人生ゲーム」ではトランプ億万長者を目指すのに対し、悟りを目指すあたりがシブイですね。

振り出しは私たち人間が住む南閻部州(なんえんぶしゅう)で、サイコロを振ってコマを進めていきます。升目には次に進む升目が指定してあり、地獄や畜生(ちくしょう)、餓鬼(がき)といった迷いの世界に落ちたり、都卒天(とそつてん)をはじめとする天界に昇ったりします。さらに上には羅漢(らかん)や菩薩(ぼさつ)など修行の進んだ境地があり、やがて仏(ほとけ)に至るという仕組みです。

面白いのはいちばん下の升目で、焦熱(しょうねつ)や無間(むけん)といった各種地獄が並び、中には一度入ったら二度と出られない永沈(ようちん:要するにゲームオーバー)という升目があります。

仏教の知識がなくても遊んでいるうちに仏教の世界観が理解できる優れもので、現代の私たちでも十分楽しめそうです。そこで、浄土九州展では現代版の十界双六を作ることにしました。

原案とキャラクターデザインは筑紫女学園大学の乙女たちに、そして全体の仕上げとデザインは当館のK口学芸員に丸投げお願いし、かわいらしい現代版「十界双六」が完成しました。
  

双六の裏面にはほのぼのした登場キャラと、お釈迦様の前世物語の説明があったりして心が和みます。

さて、この双六、当初100円で販売するとか図録の付録にしようとかといろいろ考えたのですが、結局博物館ホームページから誰でもダウンロードして使えるように、ということになりました。
http://museum.city.fukuoka.jp/exhibition/pure_land.html

使い方は厚めのA3用紙にカラー印刷してサイコロとコマをハサミで切り抜き、のり付けして組み立てるだけ。手先を使うと脳も活性化するらしいので、みなさんぜひチャレンジしてくださいね。

Posted by 末吉(浄土九州展担当学芸員)

2018年10月3日水曜日

[大好評につき、広い会場へ変更します]10月14日お坊さんライブシアターは講座室1にて実施します。

9月30日(日)に開催された、お坊さんライブシアター「法然上人・聖光上人一代記」は台風の中にも関わらず想像を上回る沢山のお客様に来ていただきました。お越しいただいた皆様、誠にありがとうございます。

行けなかった!という方のために、当日の模様を動画ですこしだけご紹介します。



お坊さんの声、とても素敵ですね!迫力あります♪
お坊さんライブシアター第二回「浄土教の視点より お釈迦様一代記」は
10月14日(日)14時~15時開催します。

第一回の好評を受け、会場を2階多目的室からスペースにゆとりのある1階講座室1に変更しますので、是非お誘いあわせの上お越しください!

Posted by:福岡市博物館広報 たかむら

2018年10月1日月曜日

浄土九州展ブログ 西方に極楽あり その20 特別編「トイレの文殊さん」

今回はブログ20回達成を記念して、5年前に中国に行った時のお話をします。

2013年の3月上旬、僕は九州大学の井手先生を団長とする学術交流調査団に入れてもらい、中国の杭州、寧波(ニンポー)、天台山を旅行しました。(「イデの導き」というやつですね〔注1〕

寧波は中世に博多と国際貿易で結ばれた都市で、周辺には日中の文化交流を物語る寺院や遺跡が数多く残っています。その郊外にある南宋石刻公園を訪れた時のこと。

南宋石刻公園
一通り調査を終え、次の訪問地に移動する前に小用を済まそうと、熊本のA木さんと佐賀のT下さんと石刻公園のトイレに入りました。(下ネタですみません)

T下「末吉さん、中国語で『トイレはどこですか』ってどう言うと?」
末吉「廁所在哪裡(ツァーソウ ツァイ ナーリ)だよ。」
(以前少しだけ中国語を習ったことがあります)

トイレには他に誰もいないと思っていたので、3人並んで用を足しながら「廁所在哪裡!」「廁所在哪裡!」と大合唱していると、突然背後の個室から野太いおじさんの声(中国語)が聞こえてきました。

もちろん全部は聞き取れませんが、「廁所在這裡決定。您們不要開玩笑說!」、どうやらニュアンス的には「ここが便所や!あんたらアホなこと言うたらあかんで!!」と言っているようです。3名はなんだか怖くなって逃げるようにトイレを後にしたのでした。

その後、道元禅師も修行したという天童山景徳寺に移動する車内で、年長者のA木さんが言いました。

A木「さっきのは有名な道元禅師の典座(てんぞ)教訓と同じでは・・」〔注2〕

用を足しながらトイレはどこだと叫んでいた我々は、修行や悟りが日常の生活の中にあるのに、それがどこか別の所にあるかのように探し回る愚をおかしていたのではないか、というのです。

末吉「では、あの誰も姿を見ていないおじさんは何者だったのでしょう?」
A木「おそらく文殊菩薩の化身(けしん)であろう。」〔注3〕

こうして3名の日本人学芸員は「豁然(かつぜん)として大悟」したのでした・・チャンチャン

天童山景徳寺

〔注〕
  1. 「伝説巨神イデオン」に出てくるセリフですが、別に知らなくていいです。
  2.  典座教訓:道元禅師が禅を学ぶために宋に渡ったときのこと。寧波の港で上陸の許可を待っていると、ある年配の典座(食事当番の僧)が出汁に使うシイタケを買いに来た。道元はその僧と禅問答がしたくて、食事の準備なんか若い僧に任せて泊まっていくように勧めた。すると、その老僧は「日本の若い僧よ、あなたは修行の何たるかがわかっていないようだ。」と言った。つまり、日常的な普通の生活こそ修行であり、禅における食事の重要さを教える教訓。
  3. 文殊菩薩:釈尊の弟子で最も智慧に優れていた菩薩。禅宗では僧侶の模範、あるいは僧侶の生活を見守る存在としてしばしば僧形にあらわされ、食堂(じきどう)や禅堂に祀られる。

2018年9月25日火曜日

浄土九州展ブログ 西方に極楽あり その19 「おもしろ仏教講座」講座

展覧会が何とか無事にオープンして1週間が過ぎました。この間、個人的には城南区市民カレッジの出張講座(18日)、笑い飯哲夫さんによる「おもしろ仏教講座」(20日)、毎週水・金のギャラリートーク、となかなか濃密な時間を過ごしています。

中でも「おもしろ仏教講座」は文字通りおもしろくためになる内容で、しかもかなり時間をオーバーしてしゃべっていただいて、あれで2000円(展覧会鑑賞券込み)は明らかにお買い得でしたね。

でも、呼んでおいて言うのも何ですが、僕はお笑い芸人さんとか特別に関心があるわけではないし、当日まで哲夫さんの漫才も見たことがありませんでした。(ただし、小学生の頃近所のスーパーに、ザ・ボンチが来たのを見に行ったのはしっかり覚えています。)

それではなぜ呼んだのかというと、たぶん10年くらい前にサブカル通の同僚M野学芸員が、「末吉さん、奈良県出身の芸人で笑い飯哲夫って知ってます?」と聞いてきたのがそもそもの始まりだったように思います。その時は「知らんけど・・へえ~そんな人いるの。」という感じでした。

しかし時は流れて昨年、浄土九州展のイベントで誰か有名人を呼ぼうと考えていた時でした。

同僚のM本学芸員が担当した「よみがえれ!鴻臚館(こうろかん)展」の資料返却で関西に出張し、たまたま乗った大阪御堂筋線の車内で、大念仏寺でおこなわれる哲夫さんのイベント広告を見て、「これや!」とひらめいたのでした。

ウィキペディアで調べると哲夫さんの実家は僕の実家と結構近く、奈良国立博物館の文化大使にもなっていることがわかりました。そして、浄土九州展のコンセプトも肌感覚でわかってもらえるはず、と確信したのでした。

これはまさに哲夫さんも漫才で言っていた、「因縁(いんねん)」というやつに他なりません。

M野さんの話×奈良出身×浄土九州展×M本さんの存在×鴻臚館展の出張×御堂筋線に乗った×大念仏寺イベント×幼いころのザ・ボンチの記憶×etc・=今回のイベント

ある出来事には必ず原因(因)があり、さらにその原因となる無数の因子が関係している(縁)。逆に言えば、ある出来事はそれ自体では存在せず、他の物事との関係性の中で存在するということです。

いや~仏教哲学って本当におもしろいですね。

写真は本文と関係ありません。が、いつどこで関係するかわかりません。
Posted by 末吉(浄土九州展担当学芸員)

2018年9月17日月曜日

정토 규슈-규슈의 정토교 미술-



사상 최초! 규슈 지방의 정토교 미술전. 불상도 다수 전시. 




사람은 죽으면 어떻게 될까? 지옥에 떨어지면 어떡하지누구나가 한번쯤은 품었던 적이 있을 불안. 그리고 될 수 있으면 정토에서 다시 태어나고 싶다는 바람은 아미타여래에게 구원을 바라는 신앙과 이어져 다양한 정토교 미술을 탄생시켰습니다. 규슈의 정토교 미술을 소개하는 전람회는 지금까지 오이타현이나 구마모토현 등에서도 열렸습니다. 그러나 규슈 전체의 규모로 열리는 전람회는 이번이 처음입니다. 최근의 조사에서 발견된 아미타여래상이나 내영도, 처참한 지옥도, 그리고 장엄한 극락정토의 모습을 그린 만다라, 그 외에도 절 외부에 처음으로 공개하는 작품도 다수 있습니다. 부디 알려지지 않았던 규슈 정토교 미술의 세계를 느껴보시길 바랍니다.


압권! 가로세로 약 4m의 거대 만다라가 등장!


현재 교토시 히가시야마구의 젠린지林寺에 소장되어 있는 <다이마 만다라当麻曼荼羅>, 가마쿠라鎌倉 시대 후기인 1302년에 제작되어 한 때 히고肥後(지금의 구마모토현)의 만젠지満禅寺라는 절에 있던 탱화입니다. 나라奈良의 다이마지当麻寺에 있는 관경변상도観経変相図를 베낀 것으로, 극락 정토에서 설법하는 아미타여래와 많은 보살들의 모습이 그려져 있습니다. 이번에 이 만다라가 처음으로 규슈에 귀향합니다. 다이마지의에 원조 만다라와 거의 같은 가로세로 약 4미터의 크기로, 한 장의 비단천에 아미타여래가 있는 극락 정토의 모습이 그려져 있습니다. 그 앞에 서면 분명 극락 정토에 왕생해 있는 감각을 맛볼 수 있겠지요.


강렬! 나카시마 키요시中島潔 씨의 지옥 애니메이션!


순진한 어린이들의 모습을 그린 작품 등으로 알려진 나카시마 키요시 씨. 그는 규슈 사가현 가라쓰시와도 인연이 있습니다. 본 전람회장에서는 나카시마 씨가  제작한 애니메이션 작품 지옥심음도<地獄心音図じごくこころねず>을 공개합니다. 지옥에 떨어진 주인공, 고타로의 영혼이 구제되기까지의 처참하면서도 아름다운 이야기를 감상해 주시기를 바랍니다. 그 외 기간중에는 유명 연예인의 토크쇼, 강연회, 일본 전통 옛날 이야기, 담당 학술원에 의한 갤러리 토크 등 다양한 관련 이벤트가 마련되어 있습니다.


기본 정보
전시회명 : 특별전 <정토 규슈규슈의 정토교 미술>
시기 : 2018 9 15()~11 4()
회장 : 후쿠오카시 박물관 특별전시실 A, B
주최 : 후쿠오카시 박물관, 니시닛폰신문사, TVQ규슈방송
조성 : (공재)후쿠오카문화재단
특별협력 : 학교법인 지쿠시여학원
개관시간 : 오전 9 30~오후 5 30(입장은 오후 5시까지)
휴관일 : 매주 월요일(월요일이 공휴일, 대체휴일인 경우 그 다음날)
관람료 : 일반 1,300(1,100), 고등, 대학생 900(700), 중학생 이하 무료
()안은 예매, 20명 이상의 단체 및 만 65세 이상(실버 수첩 등의 연령을 증명할 수 있는 것을 제시)의 할인 요금.
신체장애자수첩, 치료 양육 수첩, 정신 장애자 보건복지 수첩(이상의 수첩을 제시한 사람의 간호자 1명을 포함), 특정 질환 의료 수급자증, 선천성 혈액 응고인자 장애 등의 의료 수급자증, 소아 만성 특정 질환 진료증을 제시할 경우 무료.
814-0001 후쿠오카시 사와라구 모모치 3-1-1 후쿠오카시 박물관
TEL 092-845-5011 FAX 092-845-5019
박물관 홈페이지 : http://museum.city.fukuoka.jp/